ATLANTIS

アクセスカウンタ

zoom RSS 管理職手当。

<<   作成日時 : 2010/01/06 17:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 以前、勤めていた会社での僕のポジションは管理職。
 故に、8時間以上の実務労働については必然的にサービス残業と化していたが、ある時期を境に残業代が支給されるようになった。だが。

 ある一定条件を満たしていない管理職手当は管理職と認められず、従って残業手当が支給されるという内容。
 しかし残業を申請すると上司やら総務部長は嫌な顔をする。そして、その嫌な顔が何を言わんとするのかは結構、奥が深い。結局、申請できずにサービス残業となりけり。
 会社側の言い分として、きちんと残業申請をすれば残業代は支給するのに勝手にサービス残業している君達が悪いんとちゃうんかい。な、発想かつ目論みはズバリと的中。
 
 会社の利益の為には仕方がない。とか、仕事が遅いのは僕の責任。残業代なんてとても申請できません。とか、僕はこの仕事大好き。残業代なんていりませんよ。などと、のたまっていても所詮、自分可愛さから発生した言い分、自己保身なのであって、なおかつ、社会全体の妙ちくりんな価値観にマインド・コントロールされているともいえる。
 高度成長時代を支えてきた世代の人は、短時間で成果を出す人よりも、寝る間を惜しんで働いてる人のほうが尊いと、とらえている方々が多いのが特徴でもある。そして、そんな方々にゴマをすって出世してきた人のマインドもまた然り。そして僕もまた然り、なのであった。

 会社という生き物に正論はあまり通用しない。矛盾しているように見えて、矛盾している事に対しては矛盾していないのが、会社であり、組織であり、人間社会なのだろうね。と、言うのが僕なりのアンサー。
  
 
 
 
 



採用される転職者のための面接トーク術?モデル応答例付き
日本実業出版社
小島 美津子

ユーザレビュー:
面接対策の最初の1冊 ...
面接の基本を再認識す ...
転職で役立った本転職 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

残業手当のいらない管理職
楽天ブックス
労働基準法が定める管理監督者の範囲 著者:中川恒彦出版社:労働法令協会/労働法令サイズ:単行本ページ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村
管理職手当。 ATLANTIS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる